かけい臨床心理相談室

オンラインスーパービジョン

スーパービジョンについての考え方

セラピストの教育や人格の育成というところもSVの役割かと思いますが、一方で今困っているケースや出来事に関する具体的な対策について一緒に考えるのもSVの役割ではないかと考えています。

ケースを深く理解していくという感じではなく、今起こっていることをわかりやすく整理していくこと、具体的な取り組み方を一つ以上決めることを大事にしていきます。

スーパービジョンというよりはコンサルティングよりの考え方と言えるかもしれません。

ケースがうまくいかないときには、自分の無力感や焦りに苛まれますが、多くの場合は全くダメ、というわけではなく、ケースを回していくのにちょびっと足りない何かがあって、起こっていることを整理をすることで、その足りなかった何かを一緒に探したり、もしくはコンサルタントの思う、その何かを提示したりするということをやっていけたらと思っています。

それって教育的にはどうなの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ケースに対応していく中で、足りない何かを探す中で、その人らしく勝手に成長していくのが人間かと思っています。

その人らしい回り道やアプローチが出来るように、スパーバイザーとしての新たな目線を提供することで支えていければと思っています。

また、実際のカウンセリングにおいて僕自身も同じようなやり方でクライエントさんの相談を受けているので、スーパーバイザーとのやり取りの中で、情報であったり状況を見立てて整理する方法を学べるという側面もあります。

 

 

時間 / 料金

30分 / 5000円

ひとつのケースについて、見立てと今後の対応方針、具体的介入について、とりあえずの計画を立てたい方、解決志向でのスーパービジョンやコンサルテーションに慣れており、スピーディーに自分自身の解決像を構築できる方。

 

60分  / 10000円

ひとつのケースについて、じっくり見立てと対応方略を立てたい方、もしくはいくつかのケースについての現状の見立てと介入方針を立てたい方にオススメ。

申込みフォーム

 

Copyright© スクールカウンセリング研究所 , 2020 All Rights Reserved.