かけい臨床心理相談室

【公認心理師資格試験対策講座】資格試験の勉強の仕方について⇒公認心理師の役割と協働的コーディネート

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

 

先日、母校の関係の公認心理師資格試験勉強会に行ってみたのですが、講師の先生がすべての試験範囲の基礎的な知識を延々とスライドで網羅していくというものでした。

基礎知識も必要だと思うのですが、すべての問題の根底にある『公認心理師とは何なのか?』というところを体で理解していくような、そんな勉強の仕方もアリなのではないかと思いました。

 

臨床心理士と公認心理師の比較をしてみる

 

簡単なことでいいんです。

例えば、公認心理士の資格について、以下のように述べられています。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。

(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析

(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助

(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助

(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

公認心理師法概要PDF 厚生労働省HPより

 

また、臨床心理士の役割りについては資格認定協会のHPでは以下のように述べられています。

 

①臨床心理査定

「診断」(diagnosis)ではなく「査定」(assessment)と表記しています。「診断」は、診断する人の立場から対象の特徴を評価しますが、「査定」は、その査定(診断)される人の立場から、その人の特徴を評価する専門行為に主眼がおかれています。つまり臨床心理査定とは、種々の心理テストや観察面接を通じて、個々人の独自性、個別性の固有な特徴や問題点の所在を明らかにすることを意味します。また同時に、心の問題で悩む人々をどのような方法で援助するのが望ましいか明らかにしようとします。加えて、他の専門家とも検討を行う専門行為といえます。

②臨床心理面接

臨床心理面接は、臨床心理士とクライエント(相談依頼者)との人間関係が構築される過程で“共感”“納得”“理解”“再生”といった心情が生まれる貴重な心的空間です。そして来談する人の特徴に応じて、さまざまな臨床心理学的技法(精神分析、夢分析、遊戯療法、クライエント中心療法、集団心理療法、行動療法、箱庭療法、臨床動作法、家族療法、芸術療法、認知療法、ゲシュタルト療法、イメージ療法など)を用いて、クライエントの心の支援に資する臨床心理士のもっとも中心的な専門行為です。

③臨床心理的地域援助

専門的に特定の個人を対象とするだけでなく、地域住民や学校、職場に所属する人々(コミュニティ)の心の健康や地域住民の被害の支援活動を行うことも臨床心理士の専門性を活かした重要な専門行為です。これらのコンサルテーション活動は、個人のプライバシーを十二分に守りながらも、コミュニティ全体を考慮した心の情報整理や環境調整を行う活動ともいえます。また、一般的な生活環境の健全な発展のために、心理的情報を提供したり提言する活動も“地域援助”の業務に含まれます。

④上記①~③に関する調査・研究

心の問題への援助を行っていくうえで、技術的な手法や知識を確実なものにするために、基礎となる臨床心理的調査や研究活動を実施します。心理臨床の個別性に由来するさまざまな問題や課題に関する特化した研究技法ともいわれる“事例研究”の体験学習は、臨床心理士に求められる大切な専門業務と直結しています。高度専門職業人として、自らの専門資質の維持・発展に資するきわめて重要な自己研鑽に関する専門業務といえましょう。

臨床心理士の専門業務 日本臨床心理士資格認定協会HPより

以下の公認心理師の職責のところでも述べましたが、

臨床心理士と公認心理師の違い
(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析 ⇒ これは臨床心理士で言うところの①臨床心理査定・・・つまりアセスメント

(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助 ⇒ これは同じく②臨床心理面接

(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助 ⇒ これはコンサルテーション

(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供 ⇒ これは③臨床心理的地域援助

というようにやっていくと「④上記①~③に関する調査・研究が欠けてるぞ?」とか、「代わりに臨床心理士にはない(3)コンサルテーションが加わっているぞ」とか。

さらに「(1)で助言、その他の援助とか書かれてるぞ、これってコンサルティング的なことも含まれるってことかな?」とか。

いろんな疑問や話し合いたいトピックが生まれてくるはずです。

これを仲間であれやこれや話して「この違いは実際の働き方としてどんな違いを生むのだろう?」と想像してみることが大事だと思います。

 

【公認心理師資格試験対策講座】1−1 公認心理師の職責

公認心理師法を読んでみる

 

公認心理師法PDF

できれば二人組で声を出して読み合せてみる。

いやいや、めっちゃ大変でしょう!?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、必要と思われる部分だけでよいので、第一章の総則、第四章の義務等、第五章の罰則だけでも、声に出して読んでみることをお勧めします。

なぜやるのか?

法令の文章は硬いですし、読んでいて頭の中がこんがらがってきますが、心を殺して読んでいると、「ん?なんでこの文書必要なの?」とか「あれ?この文章ってさっきのあの文章の補足をしとるんちゃう?」とか、いろんな疑問や、条項ごとの章を超えた立体的なつながりが見えてきたりします。

そんな時にちょっと読むのをやめて、読み合わせをしている仲間とそこについてディスカッションしてみたり、インターネットや本で調べてみたりすると、ぼんやりとその条項が本当に言わんとしていることや、なんでこの一文が必要なのかといった、まさに『行間』としか言い表せないようなものがボワンと湧いてきます。

それはつまり公認心理師法がこれ、と求めて規定しようとしている『公認心理師像』のイメージなんです。

「それこそが法令の本質である」とは言い切れませんが、そういったことを把握した目で再びブループリントや、現任者講習テキストなどを眺めてみると、「公認心理師試験」として重要なところとそうではないところが、なんとなく見えてくるような、重みづけができるような気持になってきます。

つまり、「こっからこの程度の知識を持っていればまあ公認心理師としてはOKちゃうんか?」というラインが見えてくるんです。

 

公認心理師はカウンセリングの資格ではない

 

僕の個人的な実感としてなのですが、養成についてのカリキュラムや実習カリキュラムを見てみても、公認心理師の資格自体が、カウンセリングのできる能力を担保しているものではないということです。

カウンセリングについても知っている必要がありますが、技法やその特徴、対象について理解していれば十分、といった印象を受けます。

つまり、自分自身がカウンセリングはできなくても、どういった専門家にお願い(リファー)すればよいのか、どういった支援を選択するのが要心理支援者にとって役立つのか?といった具体的な助言ができる能力(知識+アセスメント力)と、それを「相談」として受けられる程度のコミュニケーション能力があればよいということでしょう。

それがテキストでたびたび強調される「連携」のひとつの在り方なのかもしれません。

リファーではない連携『協働的コーディネート』

もう一つの連携の意味としては、ケース全体をコーディネートする、とまではいいませんが、それぞれの多職種の役割や考え方、実働性を理解したうえで、協働(コラボレーション)を促進していく役割、を期待されているようにも感じます。

 

チームメンバーの顔触れによっては、ぜんぜん舵取っちゃってオーケー、むしろ積極的にコーディネートできるようにスキル磨いていきなよ、という声が聞こえてきそうな気がします。

 

そしてそのコーディネートは、情報集めをしつつケースを分析、目標設定と役割分担をしていくような『分業的コーディネート』ではなく。

もちろん管理的コーディネートでもなく。

ケースの心理的社会的リソースのみならず、支援者一人一人の専門的人格的なリソースを賦活しつつ、かつケースをめぐって互いが持っている問題を協力して乗り越えることで、ケース自身も支援者自身も成長し、自己理解を深め、より対処能力を高めていけるような、そんな『協働的コーディネート』ができる未来を想像してしまいます。

 

もちろんそのコーディネートの中で、自分自身が臨床心理士だったり精神保健福祉士だったり、要心理支援者に必要な技能を持っていた場合には「代打俺」でもいいわけで。

そういったただのリファーとは全く違った意味での連携の、土台として、共通理解としての公認心理師の資格があるんじゃないかと。

 

そんな風に考えています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スクールカウンセリング研究所 , 2018 All Rights Reserved.