解決志向で行こう!

オンラインSV申し込み

 

スクールカウンセリングの難しさ

スクールカウンセラーのスーパービジョンや事例コンサルタントをしていると、こういった声を多く聞きます。

  • 「学校の先生に具体的なアドバイスを求められるのに返せない」
  • 「職員室になんだか居場所がないように思える」
  • 「スーパービジョンで事例についての助言をもらうけど、実際には学校の状況と合わずに実施できない」
  • 「ケース会議がうまくいかない」
  • 「保護者面談が苦手」
  • 「公園や研修を頼まれるけど何を話したらいいのかわからない」

多くのスクールカウンセラーをやっている方が、こういった悩みを持っているのではないでしょうか?

スクールカウンセリングは応用問題

多くの方がこういったことで悩むのは当然のことです。

なぜならスクールカウンセリングというのは、カウンセリングの応用問題のようなものだからです。

これまでの臨床心理師養成の方向性がカウンセリングの能力を基本に教育がされてきたことと、そもそも学校教育に対する理解が不足したまま、カウンセリング以外の様々な業務が期待されるスクールカウンセリングの場に、多少の「臨床心理士としての研修」を受けただけの状態で、いわば手ぶらで向かい合わなければならないのが、スクールカウンセリングを難しくしているその理由でしょう。

スクールカウンセラーのための学校理解と解決志向に基づいたスーパービジョン

そこを打破するために、解決志向という考え方を使ったスクールカウンセラー向けのオンラインスーパービジョンを始めました。

解決志向とは、問題やその原因ではなく、問題が解決した状態や、解決に至る方法について考えていく、という志向性を持ったカウンセリングでのアプローチ方法です。

もちろん精神分析的、力動的な見立ても必要ですが、スクールカウンセリングの場面においては、ただ単にカウンセリングを行うだけではなく、教職員や保護者、もしくは児童生徒自身が問題を解決し、成長していくための「具体的な助言」や「効果的な介入方略」を提示することで、教職員と協働的に児童生徒の成長に関わっていく必要があります。

そういった具体的な対応方法や助言を構築するためには、児童生徒自身や関わりのある人々の求めている解決像や強み、リソースを引き出し、それにフィットした介入方法を考えていく必要があり、そういった場面では解決志向という考え方が大きな力を発揮します。

 

スーパービジョンのステップ

スーパービジョンでは、以下のステップを踏んで進みます。

  1. 情報共有
  2. 大まかな見立て
  3. スーパーバイジー自身の解決像の構築
  4. 解決像に沿った方針決定
  5. 具体的介入方法の構築
  6. 評価方法の決定

評価の上で、介入が上手く行かなかった場合には、別の対処法について提案させていただきます。

 

無料お試しスーパービジョンのご案内

スーパービジョンを申し込む時って

「この人のSVはどんな感じなんだろう?」

「厳しいことを言われるのではないだろうか?」

と少し不安に思うものですよね。

カウンセリングと同じようにスーパーバイズにも相性があるので、なかなか「これ」と決めるのには勇気がいるかと思います。

そんな風にスーパービジョンの申し込みを検討されている方に、スーパービジョンの雰囲気やバイザーの対応を感じてもらえるように、スカイプ、もしくはZoomを使っての無料でのお試しスーパービジョンを行っています。

時間は30分ですが、だいたいのスーパービジョンの感じを体感できるかと思います。

お気軽に下記のフォームにお問い合わせいただけたらと思います。

 

時間と料金設定

時間 / 料金

30分 / 5000円

ひとつのケースについて、見立てと今後の対応方針、具体的介入について、とりあえずの計画を立てたい方、解決志向でのスーパービジョンやコンサルテーションに慣れており、スピーディーに自分自身の解決像を構築できる方。

 

60分  / 10000円

ひとつのケースについて、じっくり見立てと対応方略を立てたい方、もしくはいくつかのケースについての現状の見立てと介入方針を立てたい方にオススメ。

 

 

 

Copyright© かけい臨床心理相談室 , 2018 All Rights Reserved.