かけい臨床心理相談室

すごくよかった一冊:認知行動療法とブリーフセラピーの接点

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

僕は大学生時代はユングだ無意識だとやっている学校にいて、認知行動療法ともブリーフセラピーとも遠かったのですが。

ブリーフセラピーのつもりで工夫してあれこれやっていると、それは行動療法では⚪︎⚪︎と言いますよ、なんて教えてもらうこともしばしばで、そんならと読んでみるとメカラウロコ。

認知行動療法への僕の偏見と思い違いが剥がれていく瞬間でした。

人がごっちゃになって考えているのを「これとこれは別だよね」と一つずつ丁寧にはがしていくところが、この二つの療法の共通点であり、精神分析などとの一番の違いかなと思いました。

ブリーフセラピーと認知行動療法の接点

https://www.nippyo.co.jp/shop/book/6501.html

著者 津川秀夫 大野裕史

日本評論社

この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スクールカウンセリング研究所 , 2018 All Rights Reserved.