かけい臨床心理相談室

【僕が学んだこの一冊】精神療法家の仕事 成田善弘

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

 

マニュアルというよりは道しるべ

カウンセリング、いや精神療法を始めた頃のマニュアル。雑誌の連載時から食い入るように読み返し、どうやって面接者と来談者が、心の深いところで繋がっていくのか、どうやって自分の心を見つめることで相手の心の理解につなげることができるのか、そういったことを教えてもらった一冊でした。

数年後、初めて著者のお話を聞き、一言二言、言葉を交わさせていただいた際、軽やかで少し悲しくも優しい感じと、本で感じていた印象がピタリと重なることに驚きつつも納得。

臨床の場の今ここで感がはっきりと行間から匂い出すような、そんな臨床本です。

心の井戸へ降りる際の心得

精神分析的な心理療法をやるわけではなくとも、人と人との関係を、どうやって面接の場を使って規定していくのか?どうやって心の奥底の井戸にそろりそろりと安全確認をしながら潜っていくのか?どうやって感じたことを言葉として伝えていくのか?そんなことを教えてもらいました。

Check this out: 新版 精神療法家の仕事―面接と面接者 金剛出版

精神療法家の仕事

この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スクールカウンセリング研究所 , 2018 All Rights Reserved.