解決志向で行こう!

なんであのとき精神分析?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

 

なんであのとき修士論文じゃなくて不登校キャンプのボランティアをしていたのか?

 

ニールセダカといえばZ時を超えて?

キャンプに行き過ぎて留年が決まった頃、浜松でやった精神分析学会のバイトとして参加するということがありました。

 

なんか面白そうだし勉強になるかも?というのがバイトに手を挙げた理由でした。

 

浜松駅に隣接した、アクトシティーという総合展示場やホテルが合体したようなところで学会をやっていて、その入口手前の道路で立て看板を持っての誘導が僕の仕事でした。

 

その当時の精神分析学会はお医者さんとかが多かったのだと思うんですが、スーツでかっちり来られる方もカジュアル目な服で来る方もいたのですが、割りと目立つ人もたくさんいて。

数時間やっているうちに、見た瞬間に「あ、この人は学会に来た人だな」と分かるようになっていきました。

 

学会の終盤、この会の目玉の土居先生の講話が始まり、スタッフ一同「やれやれ」とほっと一息ついたところに、フィリピン人の女性が「ニールセダカのコンサートに来たのだけどどこでやってる?」と受付に声をかけてきました。

この時に受付にいた先生が「It`s not my business!」と強い口調で言ってしまい、その女性が怒りだして早口の英語で猛然と抗議をはじめました。

言ってしまった先生もしまったという顔で、周りの先生方もびっくりして立ちすくんでいたので、その女性に横から「まーまー」と肩を抱いてエスカレーターの下りに乗せて、「嫌な思いをさせて申し訳なかった」と伝えると、彼女も少し落ち着いた様子で「ありがとう」と去って行きました。

 

学生の自分からしたら、こんなに大人がいるのに、なんで誰一人動かないんだろう?と不思議に思いつつ。

学会の発表では熱血な感じで話していた男性の先生もいたのですが、いざというときに一歩踏み出せるカウンセラーになりたいなと感じた体験でした。

 

その後、受付の先生にも感謝していただき、その現場を見ていたのかそうでないのかわからないですが、なぜか大会長の佐野直哉先生より「勉強会に来なさい」と誘っていただくことになりました。

 

精神分析の勉強はカタカナがいっぱい

ちなみに佐野先生の勉強会では、バリバリの精神分析の方々が集まっており、英語?何語??みたいな言葉がバンバン飛び交っていて、何が起こっているのかさっぱり理解できず、しかも毎月5000円という参加費は、当時の自分としては大きな金額で、どうしようと思いつつも、わからないながらもしがみつくように通っていました。

 

「転移」「防衛機制」「愛着」「肛門性格」「男根期」「抑圧」「死への力動」

 

今思えばなんでそんなことも知らんかったの?と

 

「コンテイン」「コンテイナー」「ナルシシズム」「エゴバウンダリー」等々。

 

なんか聞いたことないような英語が飛び交って、みんながうんうん頷いてる場所でもありました。

 

当然僕も何もわからないのにうんうんとりあえず合わせて頷いていました。

 

なんかよくわからんし、なんかすごいような気もするし、でも自分にとって役立っているかどうかわからないし、どうしよう?と思いつつ、毎月そこに通って「ほー」とか「なるほど」とか、完全分かってない顔でやってました。

 

なんかよくわからんけどとんでもないところに片足突っ込んでいる感は満載でした。

 

 

思えば初めて臨床の現場でバリバリ働いているプロの方たちの検討会に参加していたということになります。

52号線を超えて南アルプスへ

学生を長く続けた僕にも、とうとう修了せねばならぬ時が来まして、静岡での就職にいくつか(二つか三つ?)落ちて、「もーなんかパートや研修生でいこかな」と思っていたところ、勉強会の佐野先生より「山梨で男性の心理士を取りたいといっている病院があるんだけど、受けてみない?」と電話があり、受験することになりました。

 

静岡から山梨県の当時櫛形町まで、山の中を走る国道52号線を車で三時間走り、受けに行きました。

 

小論文では「17歳の犯罪について」というテーマで。

面接では、急に理事長という人に「そこで合気道の型をやってみろ!」と言われ「相手がいないと」と返すと「君がやりたまえ」と理事長が声をかけたのはスキンヘッドで強面の男性でした。

 

移動力と、力学的弱点を利用した技の原理について実演で説明して、その日はなんとか終わったのですが、後から来た通知にはまさかの「合格」と。

 

もう一人の受験者がいて、ほとんどの職員がもう一人を押したそうですが、理事長の「あいつは面白い」という一声で採用が決まったとのことでした。

 

こうして縁もゆかりもなかった山梨県の病院に勤めることになったのですが、こうやって書いてみると「発端はニールセダカか~」ということになります。

この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© かけい臨床心理相談室 , 2018 All Rights Reserved.