かけい臨床心理相談室

【カウンセリングはじめの一歩】初回面接のはじめの一言について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

カウンセリングはじめの一歩

どうやって「一緒に考える」枠組みをくくっていくのか?

カウンセリングが始まるときに、まずここに来られたことへのねぎらい(カウンセリングに来る決断をするまで、ここにたどり着くまでが、そもそも大変なことなので)を伝えてから「今回ここでお話したいことってどんなことですか?」とできるだけ聞くようにしています。

 

ほかにも「今現在お困りのことや、解決したいことってなんですか?」と聞くこともありますし、スクールカウンセリングなどで、すでに来談の目的が明らかな場合は「◯◯のことで相談に来られたと伺っていますが?」といったような尋ね方になったりしますが、大事なのは「今回の私とあなたの一緒にいるこの場、この時間は、どんなことをする場、時間にしましょうか?」という問いかけが、なんらかの形で伝わることだと思います。

 

この「今現在お困りのことや、解決したいことってなんですか?」って聞き方には、いくつかの意味が内包されています。

 

①「あなたは困っている人」「私は解決する人」という関係性の規定

②「あなたは困っていて、それを解決したいと思っている」というこちらの前提の提示

③「私はあなたの困っていることを解決しようとする姿勢を持っていますよ」という意志の提示

 

こういった援助関係の枠組みを一言で提示することができるので、今現在困っていてどうにかしたいと思っている人にとっては、この入り方は自然で「実は・・・」と安心して話しだすことができるかもしれません。

 

ただ「あなたは問題を抱えているよ」「私助ける人、あなた助けられる人」という枠組みの安易な提示は

 

・自分自身は困っていないと感じているのに、何かの圧力でカウンセリングの場に来ることになってしまった人

 

・自分の中で今困っていることが何なのか?そもそもこのカウンセリングに来ることに意味があるのか?と考えながら来談した人

 

にとっては「ひどく窮屈で」「押し付けられ」「気取っていて」「馬鹿にされている」ような気がする一言かもしれません。

 

「◯◯のことで相談に来られたと伺っていますが?」

 

という聞き方には「本当に今のあなたはそれでOK?」「ほかに何か話したいことがあるんじゃないの?」「この情報ほんとうに正しいのかな?」っていうニュアンスが込められています。

 

相手が「そうなんです!」と勢い良く話し始めれば、そのまま話の流れに沿って聞いていけば良くて。

 

もしも、相手が曖昧な反応をした時には(少々野暮な聞き方になっても)先ほどのニュアンスの部分を言葉にして尋ねることが出来ます。

 

「事前に聞いた情報は、それはそうとして、今のあなたはどんなことを目的として今ここに居るんですか?」

 

という問いかけが出来ることができればいいと思います。

 

https://wp.me/p9ibjJ-z8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スクールカウンセリング研究所 , 2018 All Rights Reserved.