公認心理師・臨床心理士によるオンラインカウンセリング、スーパービジョン

【TED】「余計なことはした方がいい!って思えますか?」植松努「思うは招く」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カケイ カズノリ
臨床心理士/公認心理師 かけい臨床心理相談室代表/愛知学院大学特任講師 専門領域:ブリーフセラピー
詳しいプロフィールはこちら

余計なことをした方がいい

TEDxでなんと298万回のぶっちぎり再生回数の植松さんは、児童虐待をこの世からなくすためにロケットを飛ばしている植松電機の社長さんです。

TEDx動画はこちら

TEDxSapporo 植松努思うは招く

植松さんはこのブログ「夢を追うのは、修練みたいな感じかな」

「余計なことをした方がいい」

と言っていますね。

役に立たないことをやる意味

この前、カンタティモールの監督の話を聞いていて思ったのは、得だからやる、役に立つからやる、とか損だからやらない、みたいな「割り切り」をしていると、どんどん魂が迷子になって、本当にやりたいことや、幸せから遠ざかってしまうんだなって思いました。

余計なこと、っていうのはそのすることに対するいろんな価値観に縛られた人間目線の評価がまずあって、余計かどうかを決めているのであって、当人が面白いとか、ワクワクするとか、なんかわからんけど惹かれる、みたいな、それこそ理屈で捉えられるレベルを超えた運命的な何かや、無意識がはじき出した最適解、そういった本質的に幸せになるのに大切なものだと思うんだよね。

余計なものほど面白がる姿勢が幸せにつながる

でも、余計なこと、って一言は、たとえそれがその相手を思いやってのものでも、そういった大切なものをきっと全部排除しちゃう言葉だと思います。

だから、余計なものほど面白がる姿勢、ってのが、自分が幸せになるためにも、自分の身の回りの人が幸せになるためにも、そして意外な才能や力の発揮を妨げないためにも、とてもとても必要かなことだと思っています。

あれ?余計なものほど、必要って事かな?

オンラインスーパービジョン無料体験

カウンセリングが上手くなりたい!
ケースの見通しをちゃんと立てたい!
手詰まりを感じている!

まだまだ上達していきたいカウンセラーの皆さんに、オンラインスーパービジョン無料体験のお知らせです。
毎月3名限定でオンラインスーパービジョンの無料体験をZoomにて行っております。
気になる方は下記のスイッチをクリック!

[su_button url="https://yurayura.org/contact-sv/" size="5" right="yes"]専門家向け体験SVはじめました[/su_button]

この記事を書いている人 - WRITER -
カケイ カズノリ
臨床心理士/公認心理師 かけい臨床心理相談室代表/愛知学院大学特任講師 専門領域:ブリーフセラピー
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スクールカウンセリング研究所 , 2018 All Rights Reserved.