かけい臨床心理相談室

常勤のスクールカウンセラーをしてると、非常勤と違う葛藤があるよ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

常勤のスクールカウンセラーの仕事とは

カウンセリングって一言で言っても、いろいろな要素が詰まっています。

カウンセリングの様々な要素
心地よいやりとり

話を聞いて整理する情報処理

感情に寄り添っての情緒的な反応

支援のための介入法についての計画立案と伝達

 

 

カウンセリング場面では、いろんなことが同時に行われているものですが、常勤のスクールカウンセラーでは介入の規模が学校という組織規模になっています。

 

そのため、やりとりや情緒的なところ、情報処理は個々に向けて多人数にやりつつ。

 

計画立案については、個人だけでなく、組織に対して介入方法を考えてやってく。

個人への介入も、対組織の一部、その逆もまたそう、って意識でやらざるをえません。

学校臨床は基本的には組織臨床

基本的には

 

個人臨床<組織臨床

 

なのですが、臨床家はもともと(この仕事選ぶ時点で)個人主義的なとこがある人が多く、集団の中で不当に弾圧されたり、力を失っている個の部分をエンパワメントしたり、表現を助けていくって意識があると思います。

 

たまに週一で来る外部の専門家がそれやって、学校組織としての考えとちょっと違うなあ、と思われても「あーそうですかー」と流してくれますが。

常勤で、学校職員としてその感じでやってると、教職員集団の中から浮きやすく、そして「甘やかしてどうする」的なよくわからん論がやって来たりするんですよね。

 

そうすると組織の中で機能できなくなる。

 

ここで、教職員の流れに迎合する道と、あまり関わらずに丸投げ的個人臨床をやっていく道。

 

どちらの道もとらずに、学校のまだ見えていないニーズを探して、少しずつそこへの介入方法を見つけていく道があります。

 

迎合する御用聞きは、教職員支援と言いつつ、学校のニーズではなく教職員の今見えているニーズを満たすことで、居場所を確保しようとしてしまっていることがあります。

 

逆に教職員の持つ大変さや仕組みの縛りをわからずに、「専門的知見」だけを押し付けても、無視され排除され、介入出来なくなってしまうのは明らかで、そこに気づかずに「だから学校は!」と鼻息を荒げるのも意味がありません。

 

学校組織にジョイニング

じゃあどうするかといえば、一つは学校組織の考え方、文化、ルールを理解して、そこに合わせていく(家族療法でいうジョイニング)こと。

合わせた上で徐々に方向を変えていくズラし。

 

ミルトンエリクソンのユーティライゼーション、ペーシングとリーディングに端を発する、津川先生の合気道的臨床、合わせとズラし、という臨床の知は、個人臨床のみならず、組織の中で柔らかく泳ぎ回るためには素晴らしく実用的な考え方で。

 

ここまでくると組織のことも個人臨床のことも入り混じって、部分は全体であり、全体は部分、みたいな混沌な気分になってきます。

こんな話にもつながっていきます。

スクールカウンセラーを10年以上やって感じた一番大切なこと その2

この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スクールカウンセリング研究所 , 2018 All Rights Reserved.