かけい臨床心理相談室

爆笑!これめちゃわかるわ!「先延ばし魔の頭の中はどうなっているか」ティム・アーバン 【TED】 

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

きっと、夏休みの宿題を最終日に必死にやるって思い出ある人いますよね?

先延ばしの人生

僕の人生はほぼずっとそういう感じで、気になっているのに、締め切りまで何も出来ず無為な時間を過ごし、締め切り直前に超人的やる気と脳の活性化が起こって、バーっとやってしまうのですが。

後で考えて「なんで先にやれなかったんだろう??」と思う日々。

おかしいなあと思いつつも諦めつつもここまでやって来ました。

 

新しい情報を好む脳と、新しい情報が苦手な脳

なんとなく僕の感覚では「新しい情報を好む脳」のタイプの人は、楽しいことを先にこなさないとおちおちやらなきゃいけないことをこなせない傾向が強くて。

「新しい情報が苦手な脳」のタイプの人は、先にやらなきゃいけないことをこなさないと、きになっておちおち楽しんでられない、って傾向がある気がしていました。

 

僕はあちこちでかけていろんな人に会って、いろんな刺激に惹かれてふらふらするタイプなので、そういう脳の特性が先延ばしという選択を選ぶんだろうなと思っていました。

だからしょうがないと、それでもなんとかなるように、発表の当日の朝五時くらいがベストの体調になるようにコンディションを整えようとして逆に体調崩したりしていました。

 

この後回しということについて、新たな「なるほど」と思える脳科学的な、まさにサイエンスな説明をしてくれたのは、あのイーロン・マスクもファンであることを公言しているブロガーのティム・アーバンさん。

あなたの脳の操舵を今しているのは・・・誰だ!笑

 

The Procrastination Matrix – Wait But Why https://waitbutwhy.com/2015/03/procrastination-matrix.html?utm_source=share&utm_medium=twitter&utm_campaign=sm_share @waitbutwhyさんから

この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スクールカウンセリング研究所 , 2017 All Rights Reserved.