かけい臨床心理相談室

リアリティーということについて考えてみました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

子どもの認識している世界のリアリティーは想像以上に曖昧?

リアリティーというか、現実の認識の仕方は、人それぞれだいぶ差があることについてよく考えています。

 

子供の頃は、意外と曖昧な現実認識で、たくさんの「勘違い」を抱えながら生きていたなと思います。

例えば、僕は静岡に住んでいたので高速道路は「東名高速道路」以外はないと思っていたり。

(後々、中央道や九州の高速道路があるのを知って驚いた)

そもそも「東名高速道路」は「透明高速道路」だと思っていたり。

「なぜ、透明高速道路なのに透明じゃないんだろう?」と日がな考えていたり。

 

静岡県の袋井市の北の方に山梨という地名があるのですが、子供の頃は「どうもその山梨というのが山梨県で、昔、武田信玄はそこにいたんだな」なんて勝手に「すげーな」と納得していたり。

地下鉄は東京にしかなくて、市電は広島にしかないと思っていたり。

 

「思い込み」というか、少ない知識や体験から勝手に推測して辻褄を合わせようとすることって、ありますよね。

自分の知識が増えたり、活動範囲が広まったりすることで。

「え!?知らんかった!」

と驚く度に、自分の持っている世界のリアリティーが広がり、構造を持ったものになっていったなと。

東京と名古屋をつなく道路だから「東名」という名前がついていることに気がついた時には、「だからどこも透けていなかったのか・・・」と妙に納得したりしました。

そして「名阪は大阪と名古屋か!ということは名神は名古屋と神戸!」とあるパターンに気づいたり。

「信越は新潟と長野??なんで??」みたいな新たな謎ができてきたり。

その人ならではのリアリティーの構築

大人でも、関西の人は名古屋より東が結構曖昧だったり、東北の人は東京より西があやふやだったりしますよね。

その人の生活経験や関心の幅によって、リアリティーの濃いところと薄いところがあるなあと感じています。

ネットの世界にリアリティーを持っている人は、きっとネットの世界のことを詳しく、そしてわかりやすく語れることでしょう。

料理の専門家はその料理の方法や、材料となる野菜や肉のこと、新鮮なものの選び方や仕込みの手順について、事細かく話せるでしょう。

臨床家にとってのリアリティーとは?

では臨床家やカウンセラーにとってのリアリティーとは何か?ということですが。

きっと目の前の人の価値観や信念、今の困っていることや心の動き方、行動の癖を理解することや、時間軸も取り入れて、その人の生き方が、どんな風に今のその人の過去や過去の対人関係と繋がっているのか?というところにも繋げて、その人のことを理解して、支援に活かそうとすると思います。

これはある意味、その人の心的現実について、掘り下げてその人のリアリティーを理解していこうとする立場でしょう。

ではこれがソーシャルワーカーならば、その人の生活やその人を囲む社会的な状況、法的な立場についてのリアリティーについて、詳しく見ているに違いありません。

一つは、こういった一つのケースや状況についての見立てを、心理面、社会環境面、(できるなら身体面も)とを合わせて、どれだけ多角な面から見つめていけるか?というところがどれだけリアリティーを把握しているか?ということになるのではないでしょうか。

そしてスクールカウンセラーは、こういったケースについてのリアリティーだけでなく、自分を含めた今この場の状況のリアリティーも同時に把握することで、自分のポジションの中での最大限の力を発揮することが出来ます。

例えばケース会議なんてその最たるものでしょう。

 

聞き上手は話し上手? その3(ケース会議編)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スクールカウンセリング研究所 , 2017 All Rights Reserved.