解決志向で行こう!

【公認心理師資格試験講座】第一回資格試験過去問題 問1.サイコロジカルファーストエイドについて

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

さて、公認心理師の資格試験が終わってからそろそろ一ヶ月が経ちますね。

僕の周りでは多くの人が6割前後の得点で、ヒヤヒヤしていますが、何人か7割以上取れたど〜!と安心している人もいる感じです。

【公認心理師資格試験講座】来年(も)試験を受ける君へ

 

僕としては、来年のために今年の試験を元にちょこちょこと勉強をしていこうかと思っております。

まずはこちらmaenoshinさんのブログを御覧ください。

第一回公認心理師試験過去問題 第1問〜第10問

問1 サイコロジカル・ファーストエイドを活用できる場面として、最も適切なものを1つ選べ。

  1. インテーク面接
  2. 予定手術前の面接
  3. 心理検査の実施場面
  4. 事故現場での被害者の救援
  5. スクールカウンセラー の定期面接

 

ということでした。

さて、来年の試験に向けて1問ずつ解いていきましょう。

 

1,インテーク面接

インテーク面接とは、カウンセリングを開始する前の、カウンセリングに必用な家族歴、生育歴、現病歴といった情報収集のための面接ですよね。

なのでこれは☓

ちなみにケアマネ業務のはじめの一歩というブログを発見!こちらにケアマネの立場からのインテーク面接の解説がのっていました。

こちらではインテーク面接の目的を『「利用者や家族の抱える問題をヒアリングし、解決に向けたケアプランを立てる」としており、言語情報と非言語情報、関係づくり、という3つの側面を総合的に踏まえて、利用者と家族の理解を深める』としています。

そして名刺の渡し方とか書いてあるし!

インテーク面接で検索してみると、まずはじめに出てくるのがソーシャルワーカーさんのインテーク面接の記事。

ついつい心理の仕事をやっていると、心理の仕事としての「インテーク面接」という言葉を考えてしまうけど、業種によって目的も方法も異なっているんだなと、実感。

自分の職域のことばかりで物事を分かった気になってちゃダメですよね、と反省しつつ(笑)

 

ちなみに僕自身は、仕事が病院でのスタートだったので、トレーニングがてら、「初診」や「アナムネ」といって、初めて病院に来た患者さんの診察前の予備面接をするという事をよくしていました。

初診用のシートに、聞かなきゃならない項目が沢山あって、それを一つづつ聞いていくんですが、最初の頃はどうしても時間がオーバーしてしまって、外来の婦長(課長)さんに「早くしなさい〜」とプレッシャーを掛けられつつやっていたのを思い出します。

ここが遅れると、その一日かけて行う検査や診察や、入院の手続き等が全部遅れてしまうんですよね。

 

でも逆にその後の業務がここでの情報を元に行われるから、聞き漏らしをしてはいけないというプレッシャーもあって、時間と内容、そして出来れば初めて病院に来て不安な患者さんや家族の気持ちを受け止めてあげたいという気持ちの間で、笑顔で「やべーぞー!」って思いながらやっていました。

下手くそに初診を取ると(見立てがズレズレだったり情報が足りなかったり)診察後でDrに「ぶん殴るぞ〜!」と言われ見ている看護師さんが「ヒイッ」と怯えるという感じで。

しばらくやっていると、コツというか、糞真面目に順番に項目を聞くのではなく「今どんなことで困ってるんですか?」とオープンな感じ、普段の言葉遣いで尋ねてみて、自由に話してもらう中で必要な情報をパラパラと埋めていき、足りないところを「ちょっとお尋ねしてもいいですか?」と聞くように変えたところ、それまでよりも早く情報収集が終わり、患者さんもリラックスした感じで話せて、今抱えている問題の真ん中に近いところについて考えられる、という感じになっていきました。

そうやって上手く初診を取れると(必要な情報がコンパクトにまとまっていて、僕なりの見立ての根拠が明確)診察後にDrから「チュウしちゃおっかな〜」とか言われて、それはそれで見ている看護師さんが「ヒイッ」って怯えるという感じで。

この時に、自分もリラックスしていると相手もリラックスする、とか、なんとなくフワっと話を聞く感じとか、最初はなんとなく、だんだん細かいところを穴埋めで聞いていく感じとか、とにかく相手のペースに合わせて聞いてみることが大事、というのを学んだ気がします。

 

精神科医療では、皆不安を持ってやってきているから初日が大事、そしてその一歩目が不安であるの安心であるのとでは、その後の流れがだいぶ変わっていきます。

でもそれはカウンセリングでもソーシャルワークでも、介護などでも同じことですよね。

大事な入り口=インテーク面接です。

 

2、予定手術前の面接

これは、手術前の不安を取り除くために気持ちを聞くのと、手術における効果やリスクや注意点をお伝えして同意を取る、いわばインフォームド・コンセントの側面があるかと思われます。

なのでこれも☓

手術におけるインフォームド・コンセントの検討

こんな論文も発見しました。

 

3,心理検査の実施場面

もちろん検査や検査場面に対する不安を取り除くことは大事なことですが、サイコロジカルファーストエイドとは関係が無いですね。

なのでこれは☓。

 

4,事故現場での被害者の救援

サイコロジカルファーストエイドというと、つい災害時だけのことを考えてしまいがちですが、テロや事故といった、緊急性のあるストレス状況においての、初期対応全てに活用が可能と言われています。

これが◯です。

以下のサイトを参照。

兵庫県こころのケアセンター サイコロジカルファーストエイド

 

5,スクールカウンセラーの定期面接

サイコロジカルファーストエイドは、トラウマ的な状況に対する初期の支援のために開発されたものなので、スクールカウンセリングのような、日常性の高い場面で使われることは殆ど無いといえます。

とはいえ、学校な以外での事件、事故に対する緊急支援で、スクールカウンセラーとして学校に呼ばれた場合は、このサイコロジカルファーストエイドの原則が活用できます。

そもそも、災害状況にあった学校に派遣される場合はサイコロジカルファーストエイドの習得が必修とも言えます。

とか書いてたらこんなものも発見。

兵庫県こころのケアセンター 学校版サイコロジカルファーストエイド

とはいえ設問には「緊急対応」ではなく「定期面接」と書いてあるのでこれは☓ですね。

 

という感じで公認心理師の資格試験、第一問を解いてみました。

 

サイコロジカルファーストエイドが、事故場面に適用されるかどうか?で一瞬迷うかもしれませんが、他の項目は◯になる要素がほぼないので、サイコロジカルファーストエイドという言葉さえ知っていればほぼ間違えることはないでしょう。

 

この調子で、77問を解説できるのでしょうか・・・不安です;

 

続きはコチラ!

公認心理師資格試験講座】第一回資格試験過去問題 問2.児童虐待と緊急一時保護について

この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© かけい臨床心理相談室 , 2018 All Rights Reserved.