かけい臨床心理相談室

【不登校】人と会うのは量より質 ひきこもりから自分で選ぶチャレンジへ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

保護者の方の不安に感じていることの一つに「もっと人と会わなくても大丈夫なのか?」というものがあります。

不登校で引きこもっている場合には、会わないことが大切なところもあります。

間違いなく言えるのは「多くの人に合う必要はない」ということと。

もう一つは「回復の程度にしたがって、本人が誰と会うのか選べる」ということです。

 

人は誰でも元気でない時に人と会うのには普段以上のエネルギーがいります。

風邪を引いている時や落ち込んでいる時、なんだか元気の無い時などは、新しい場に出ていく気持ちになれないでしょう。

もし誰かと会うとしても、家族であったり、昔からよく自分のことを知っていてくれる人、理解してくれそうな人を無意識に選んでしまいませんか?

 

それは心が疲弊しているときエネルギーがないときは、心が敏感になっていて、ものの捉え方がマイナスに捉えがちになっているからです。

だから、ちょっとした言葉の行き違いでも傷つきますし、相手に気を遣うだけでも、相当にしんどくなってしまうのです。

 

これは不登校の子どもでも同じことで、ふだんなら「こいつあほちゃうかー?」と思って流せるようなことでも、真剣に受け取って傷ついてしまったり、腹が立ったりするようになっているはずです。

ちょっとしたズレや言葉のアヤでも、一旦気になってしまったらいつまでも考え続けてしまったり、カーっと頭にきてしまったり。

要するに心の膜が薄くなり、環境からの影響をうけやすい状態になっているのです。

 

その状態で多くの人に会っても、気を遣って疲弊して傷だらけになって、しばらく閉じこもってエネルギー回復に時間を費やすことになります。

 

回復期には急に外に自転車で出て行ったり、趣味に関するイベントに遠出したり、一人旅をしようとしたり、ということが起こってきます。

 

でも本人が思っているほど回復していないので、使い果たして二〜三日部屋から出ずに親はオロオロ。

 

そしてしばらくするとまた出てきて、またどっかに出かけるという探索行動を繰り返すようになります。

 

一旦狭めた活動範囲や人間関係を、こうやって少しずつまた、広げていくのです。

 

広げる過程で、現実検討をしたり、人との関わり方の新しいチャレンジをしたり、ということが繰り返されていきます。

 

決して言葉には出されませんし、本人には意識されていないのかも知れませんが

「俺まだやれるかな」

「くそーちょっと無理しすぎたな」

「意外とこれ大丈夫なんだ」

「やろうかやらまいか、、、えーいやったる!」

というように、その行動を後ろからじっと見ていると、迷いや決断の声が聞こえてくるかもしれません。

 

これが親や先生に連れて行かれたり、人を呼ばれて会わされるのとは、全く意味が違うことじゃないかなと思います。

 

人と会うことは大切です。

 

月に一度でも、本人が心を開ける、安心できる人が家の外から中に入ってきていて、顔を見なくてもそこに居る、というのはありだと思います。

たまに外の風が入ってくるのは本当は大事なことです。

しかし、その風が痛くて出血するようなものなのかどうかは、本人にしか分かりません。

なのでその人に会うかどうかは本人が決めれるのが良いかと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
臨床心理士  カウンセラーっぽくないカウンセラーと言われることが多い チェブラーシカに似ていると言われることがある 似ていないと言われることもある 時間空間的なおっちょこちょいである
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スクールカウンセリング研究所 , 2019 All Rights Reserved.